2016年水産漁獲量は減り続けるにもかかわらず、値上げのピンチを切り抜けました
コラム: 業界ニュース 投稿日:2017-05-15
扶携提拔先とともに成長していく事を望みます

2016年上半期から、水産漁獲量は減り続け、漁業価格が高くなる一方、弊社は海内の蛸業界にて加工と生産のトップ企業として、小回りが利フットワークで、质料価格が値上がることを事前に予想し、自社コストを増えても、取引先に転送コストしない旨、质料を大量在庫することによって、取引先に穏やかな価格で続けて供给することができ、质料値上げの影響をうけず、取引先とともに今度値上げのピンチを切り抜けました

金沙7868com